【投資初心者編】企業型DC(企業型確定拠出年金)とは何か?

投資

今日は企業型DCについて解説するよ!

これって企業が勝手に積み立ててくれるものじゃないの?

iDeCoの会社版みたいなやつでしょ。

その認識で間違えてはいないんだけど注意点があるから勉強はしていこうね。

企業型DC(企業型確定拠出年金)とは?

会社に勤務している人が対象の制度。掛金を会社が負担して自分で商品を選び運用する。会社の退職金制度の枠内として扱われるという特徴がある。

企業型DC特徴は?

元本割れのリスク

会社が掛金を出してくれますが、商品を選ぶのは自分です。運用商品の組み合わせなども自分が判断していかなければいけません。

当然リスクがありますので元本割れの可能性があります。しかし適切な商品に分散して投資できれば長期的にプラスになることが十分に期待できると思います。

60歳以降に受け取れる

こちらもiDeCoと同様に60歳以上にならないと受け取れません。これは長期投資ができるというメリットでもあり資金の拘束されるというデメリットでもあります。

ちなみに、例外的に60歳未満でも受け取れる場合があります。

  • 本人が障害基礎年金の対象となる程度の障害を患った場合
  • 死亡した場合

この場合は例外的に60歳未満でも受け取れますが対象にならないほうが良いですね。

口座管理手数料がない

iDeCoは口座の加入運用にかかる手数料は自己負担ですが企業型DCではこれらの手数料は企業側の負担になります。

マッチング拠出

基本的には企業側が掛金を払いますが、加入者本人も掛金を払うことができる制度です。掛金は給与天引きの形で支払われ、全額所得控除の対象になります。

ちなみにマッチング拠出には

  • 加入者掛金は事業主掛金より大きく支払えない
  • 掛金の合計額が月5.5(2.75)万円以下

という注意点があります。

運用益は課税されない

企業型確定拠出年金で得られた運用益は全額非課税になります。ただし、iDeCoと同様に受取時には課税されるのでおさえておきましょう。(控除対象)

まとめ

企業型DCは基本的にはiDeCoと変わらないけど口座管理料が企業負担になったりと基本的にはお得な制度だよ。

マッチング拠出は生活費を圧迫しないように注意しよう。年に1回しか金額の変更ができないからね!

あとは会社が口座を作るから自分の欲しい商品がない場合もあるぞ。

そこもデメリットだな。

今日は以上。おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました